診療実績 2019年度集計

外来 : 常時3~4人の外来診察医で対応

    月間受診者延数 : 3,425人/月
    一日平均受診者数 : 143人/日

入院 : 37床

    一日平均入院患者数 : 24人
    病床稼働率 : 64%
    平均在院日数 : 18日

リウマチ内科銀山町クリニック:1~2人の外来診察医で対応

    月間受診者延数 : 1,172人/月
    一日平均受診者数 : 49人/日

大野健診センター内リウマチ科:1人の外来診察医、週3日(午前)で対応

    月間受診者延数 : 207人/月
    一日平均受診者数 : 21人/日

診療実績 2018年度集計

外来 : 常時3~4人の外来診察医で対応

    月間受診者延数 : 3,470人/月
    一日平均受診者数 : 144人/日

入院 : 38床

    一日平均入院患者数 : 25人
    病床稼働率 : 60%
    平均在院日数 : 17日

リウマチ内科銀山町クリニック:1~2人の外来診察医で対応

    月間受診者延数 : 1,172人/月
    一日平均受診者数 : 49人/日

大野健診センター内リウマチ科:1人の外来診察医、週3日(午前)で対応

    月間受診者延数 : 151人/月
    一日平均受診者数 : 23人/日

診療実績 2017年度集計

外来 : 常時3~4人の外来診察医で対応

    月間受診者延数 : 3,686人/月
    月間通院実患者数 : 約3,328人/月 (年間レセプト枚数から試算)
    一日平均受診者数 : 152人/日

入院 : 38床

    一日平均入院患者数 : 24人
    病床稼働率 : 65%
    平均在院日数 : 15.7日

診療実績 2016年度集計

外来 : 常時3~4人の外来診察医で対応

    月間受診者延数 : 3,686人/月
    月間通院実患者数 : 約3,133人/月 (年間レセプト枚数から試算)
    一日平均受診者数 : 152人/日

入院 : 38床

    一日平均入院患者数 : 25人
    病床稼働率 : 65%
    平均在院日数 : 16.5日

診療実績 2015年度集計

外来 : 常時3~4人の外来診察医で対応

    月間受診者延数 : 3,589人/月
    月間通院実患者数 : 約3,057人/月 (年間レセプト枚数から試算)
    一日平均受診者数 : 149人/日

入院 : 38床

    一日平均入院患者数 : 27人
    病床稼働率 : 68%
    平均在院日数 : 18日 (亜急性期病床4床除く)

診療実績 2014年度集計

外来 : 常時3~4人の外来診察医で対応

    月間受診者延数 : 3,599人/月
    月間通院実患者数 : 約3,100人/月 (年間レセプト枚数から試算)
    一日平均受診者数 : 148人/日

入院 : 38床

    一日平均入院患者数 : 27人
    病床稼働率 : 71%
    平均在院日数 : 16日 (亜急性期病床4床除く)

当院におけるRAのコントロール状態について

早期治療開始例や活動性の低い例は従前のDMARDsで十分コントロールできている例が多いです。これらの中の増悪例や活動性の高い例にメトトレキサート(MTX)を投与することにより再度良好なコントロールを得ています。しかし、中には、合併症の有無(間質性肺炎など)、薬剤の副作用、効果不十分などの理由で他の治療法を必要とされる場合もあります。

そのような場合に、他の免疫抑制剤、生物学的製剤を使用しますが、MTX無効もしくはMTX使用困難例で他の免疫抑制剤に移行した群はコントロール不良例が目立ちます。生物学的製剤は治療抵抗性の症例でも強力に病気の活動性を抑えられる場合が多く継続例では良好なコントロールを得ています。しかし、高額な治療費用、副作用が問題です。現時点では、経済的理由、合併症、副作用等により生物学的製剤が使用できない多剤耐性例を如何にコントロールするかが問題となっています。当院では、多くの免疫抑制剤、抗リウマチ薬の使用経験をもとに効果的な治療を安全に提供できるよう努力しております。