院長挨拶

院長:岩橋 充啓

当院はハイレベルな内科系のリウマチ・膠原病の専門医師団が診療に当たっている特異な専門病院です。外来は1日150~170人、病床は40床あります。近くの県立身体障害者リハビリテーションセンター(県下最大の整形外科集団)とは人的交流も含め、密接にタイアップし、補完関係にあります。

リウマチ・膠原病治療は2000年になって革命的変革をとげつつあり、それを如何に安全に患者さんに投与するかが、問われています。免疫抑制療法・生物製剤は今後とも広がりをみせ、患者さんが普通の生活を送れるようになっています。
色々とクリアーせねばならない問題を一つずつ解決しつつ患者さんと共に歩みます。

病院理念

  1. 私共は医道を尊び、規律を守り社会的責務にこたえます。
  2. 私共は常に研鑽し信頼される病院を創ります。
  3. 私共は安全な医療を提供出来る病院をめざします。

患者綱領

  1. 病気、検査、治療について十分な説明と情報を受けた上で、治療の方法など自らの意志で選択する権利があります。
  2. 良質な医療を実現するためには、医師をはじめ医療提供者との相互の協力関係のもとでの医療が必要不可欠です。
  3. 全ての患者さんが適切な医療を受けられるようにするためには、他の患者さんの治療や病院職員による医療提供に支障を与えないよう配慮する責務があります。

病院基本方針

  1. 患者第一主義を貫く
  2. 医療の質の向上と専門化
  3. 社会と人に貢献する組織
  4. 規律の遵守と自己防衛組織
  5. 情報の開示
  6. 人は過ちを犯すとの前提に立っての医療事故防止対策

当院の特徴

  1. 内科の立場よりリウマチ・膠原病センターとして特化していることです。
  2. 日本リウマチ学会研修指定病院です。
  3. 広島県を中心に中国4県を診療圏とし、高度最終医療を目指します。
  4. 一般内科でも地域に貢献します。
  5. 我国でも有数の患者数を有し、外科的手技を必要とする場合は、提携先の整形外科系のリウマチ専門病院と密接な連携のもとで対応します。
  6. 治験病院としても全国的にトップクラスで、最先端の治療薬の情報を入手しつつ、個々の患者様に最適の治療選択を行っています。
  7. 広島市内中心地にサテライトクリニックを稼働させており、近隣に東広島整形外科クリニック、通所リハビリテーション施設も保有しています。

略歴

平成8年
岡山大学医学部 卒業
平成8年
岡山大学医学部付属病院第三内科
平成8年
阿知須共立病院
平成10年
東広島記念病院
平成21年
東広島記念病院 院長

所属学会・資格当

  • 日本内科学会 認定医
  • 日本リウマチ学会 指導医・専門医
  • 日本臨床免疫学会
  • 日本臨床リウマチ学会
  • 広島リウマチ科医会 会長 (2012年~)
  • 厚生労働科学研究費補助金
  • 「我が国における関節リウマチ治療の標準化に関する多層的研究」研究員