協会けんぽ特定健診

インターネット上で予約が出来ない日程についてはお電話にて空き状況をお問い合わせください。

メタボリック対策

メタボリックシンドローム

 40歳以上の男性2人に1人、女性5人に1人がメタボリックシンドロームまたはその予備群といわれています。
糖尿病などの生活習慣病には、お腹まわりの内臓に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満が深く関わっていることがわかってきました。 この内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうち、いずれか2つ以上をあわせもった状態を、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」といいます。
メタボリックシンドロームは不健康な生活習慣によって進行しますが、それを放っておくと、動脈硬化を引き起こし、心臓病や脳卒中などの命に関わる病気の危険性が急激に高まるので大変危険です。
「特定健診」は、メタボリックシンドロームやその予備群となる人を早期発見し、生活習慣の改善につなげるための新しい診査です。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは

 腹囲(おへそ周り)が男性85cm以上、女性90cm以上で、血糖・中性脂肪・HDLコレステロール(善玉コレステロール)・血圧の異常のうち2個以上あてはまる人をメタボリックシンドロームといいます。

ウエスト 男性85cm以上/女性90cm以上
・空腹時血糖 110 mg/dL以上
・高中性脂肪血症 150mg/dL以上 かつ/または 低HDLコレステロール血症40 mg/dL未満
・収縮期血圧 130mmHg以上 かつ/または 拡張期血圧 85mmHg以上
2つ以上当てはまると・・・メタボリックシンドローム